日雇い派遣禁止に反対も 経営者側、厚労省部会で

2008年8月 3日 13:39

7/30  23:59  イザ!に以下の記事が掲載されています。(以下引用)

労使の代表らが参加する労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)の労働力需給制度部会が30日午前開かれ、労働者派遣法の改正についての具体的な検討を始めた。2カ月程度かけて審議し、建議をまとめる。

 厚労省の有識者研究会が28日まとめた報告書で、日雇い派遣の原則禁止を求めたことに対し、経営者側委員の一人は「論理に飛躍がある。日雇い派遣に頼っている中小企業が悪影響を受ける」などと話し、禁止に反対する意向を示した。

 建議を受けて厚労省は、今年の臨時国会に日雇い派遣の原則禁止などを盛り込んだ労働者派遣法の改正案を提出する方針。部会では、例外として認める日雇い派遣の範囲が大きな焦点となる。

 有識者研究会の報告書は、企業が派遣会社をつくり、グループ内に派遣する場合の規制強化も提言した。部会では、グループ内への派遣割合を8割以下にする案を軸に議論が進みそうだ。

 報告書は、派遣先企業が違法派遣に関与した場合、労働者を直接雇用させる制度の導入を要請したが、経営者側の反発も予想され、審議が難航する可能性もある。

<この記事のURL>

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/165546/

 

 

  • 前の記事: 「日雇い派遣の禁止」 ワーキングプア問題解決になるのか
  • 次の記事: 日雇い紹介システムの検討を開始 厚労省
  • anline
    anline

    お問い合せ

    ご質問・ご不明な点がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

    電話でのお問い合せ
    099-812-0661

    お問い合せフォームから
    お問い合せフォーム

    本社
    鹿児島県鹿児島市上之園25-36
    光健ボイスビル405号
    電話:099-812-0661
    FAX:099-812-0662 [MAP]
    • お知らせ一覧
    • rss